*

香川県(讃岐)

87番札所 長尾寺(香川)|静御前の伝説が残る「長尾の観音さん」

2017/10/19

長尾寺 境内

どうも、ダンスバトルでブラジル人に負けた元自衛官・ひだりゅー(@dakahi3776)であります!

今回紹介する87番札所「長尾寺(ながおじ)」は、時の法皇から日本一のお墨付きを貰った踊りの名人で源義経の側室だった「静御前」と関係性が深い寺院です。

(参拝した日:‎2015‎年‎11‎月‎5‎日)

スポンサードサイト

長尾寺の歴史

寺伝によれば奈良時代の天平11年(739年)、行基が道端に楊柳の霊夢を感じ、その木で聖観音菩薩像を刻み、堂宇に安置したのが始まりとされています。

(一説には聖徳太子の開創とも)

その後、弘法大師が渡唐前にこの寺を訪れ、入唐が成功するように年頭七夜に渡り護摩祈祷を修法しました。

最終日の7日目の夜、丘の上より護摩符を人々に投げ与えた伝説があり、これは毎年1月7日に行われる「大会陽」「福奪い」として現代にも伝わっています。

長尾寺 お遍路

 

唐から戻った大師は再びこの当寺を訪れ、元々の法相宗から真言宗に改宗。

天正の兵火で堂宇は灰燼に帰しますが、江戸時代に藩主松平頼重によって再建、その際に天台宗に改められます。

明治維新以後、本坊は高等小学校、警察署、郡役所などの公共施設に提供されました。

境内の施設

山門(仁王門)|日本三大名門のひとつ

長尾寺 山門 日本三大名門

一見、普通の仁王門ですが、実は日本三大名門なんですって(Wikipediaより)

いや、通った時には全然気が付かなかったぞ・・・

江戸時代の寛文10年(1670年)建立で、三つ棟木という珍しい工法で組み立てられています。

門を守る仁王像は、志度浦からここまで運ぶ者がおらず、住職が祈願するとここまで歩いて来たと言う伝説が残っています。

山門前にある石造りの塔「経幢(きょうどう)」は、鎌倉時代、元冦の役出征将兵の霊を慰めるために建てられたそうです(国の重要文化財)。

なお、歩き遍路道からお寺にたどり着くと、最短ルートは「東門」から境内に進む道なので、この「仁王門」に行くには少し回り道する必要があるので要注意ですね。

本堂|秘仏「長尾の観音さん」と悲劇の「静御前」

長尾寺 本堂

江戸時代の天和3年(1683年)、藩主松平頼重によって建立されました。

行基によって彫られた本尊は、幾多の火災に見舞われながらも不思議と難を逃れ、現代に伝わっています。

そんなエピソードのおかげなのか、讃岐七観音の中で随一とされ、秘仏ながらも「長尾の観音さん」として地元の人々に愛されているそうです。

長尾寺 本堂

 

また、源義経の側室「静御前」の伝説が長尾寺には残されています。

義経との間に出来た子どもを源頼朝の部下に殺され、生きる望みを失った静は自殺を考えましたが思いとどまり、母の生まれ故郷である讃岐國に帰り、長尾寺で母と一緒に出家。

信仰の日々を送りましたが、母が69歳で老衰した後、後を追うようかのように24歳の短い生涯を閉じたそうです。

本堂の左脇陣には静御前の位牌があり、境内には静御前が出家した際に髪を埋めた「静御前剃髪塚」が残されています。

大師堂

長尾寺 大師堂

大師堂は、本堂正面から見て右側に建てられています。

大正時代に再建されたもので、堂の周りの十二支の彫刻が特徴的です。

長尾寺へのアクセス

〒769-2302
香川県さぬき市長尾西653

その他情報

寺名 補陀洛山 観音院 長尾寺
宗派 天台宗
本尊 聖観世音菩薩
創建 天平11年(739年)
開祖 行基
真言 おん あろりきゃ そわか
ご詠歌 あしびきの 山鳥の尾の 長尾寺 秋の夜すがら 御名を唱えて
駐車場 普通車20台
マイクロバス2台・大型車2台
午前7時〜午後5時
宿坊 なし
電話 0879-52-2041
HP 長尾寺

前後の札所

 

86 志度寺 -- (7.0km)-- 87 長尾寺 --(15.1km:相草・助光経由)-- 88 大窪寺

 

by.元自衛官@ひだりゅー

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

                          

-香川県(讃岐)
-, ,