*

愛媛県(伊予)

45番札所 岩屋寺【前編】|アメリカも認めた日本屈指の一大観光地

2017/04/21

参道ゴール前

どうも、ひだりゅーです。

今回は、

へんころがしの魔境・12番札所「焼山寺」

絶景の聖地、舎心嶽がある・21番札所「太龍寺」

に続く、人生で一度は行くべしSクラス札所の紹介となります。

事実、ニューヨークタイムズ紙が「2015年に行くべき場所 52選」の中に日本で唯一ランクインしたのが「四国遍路」。

そして、同紙が写真を掲載した場所が、ここ第45番札所岩屋寺(いわやじ)なのです。

前置きはさておき、この激アツスポットを

【前半】岩屋寺の縁起と境内の施設

【後半】逼割行場と奥の院・白山権現

の前後半の2回に分けて書き連ねていきます。

では、どうぞ!

(参拝した日:2015‎年‎10‎月‎18‎日)

スポンサードサイト

岩屋寺の歴史・縁起

平安初期、法華(ほっけ)仙人と呼ばれる空中を自在に飛べる神通力を持った女性がこの地に暮らしていました(←超凄ぇw)

弘仁6年(815年)、仙人は霊場を探して旅する弘法大師と出会います。

彼女は大師の修法にめっちゃ感動し、全山を献上(←空海もっと凄ぇwww)

大師は木造と石造の不動明王像を刻み、木像は堂宇を建立して本尊として安置、石像は奥の院の岩窟に祀って秘仏とし、岩山全体を本尊としました。

鎌倉時代末期に興った浄土教の一宗派「時宗」の開祖である一遍上人が、この寺で参籠・修行したことが一遍聖絵(←国宝の絵巻)に記されています。

明治31年(1898年)に仁王門と虚空蔵堂をのこし全山を焼失したため、現在の堂宇のほとんどはその後の再建によるものです。

境内の施設

参道入口|車遍路の難所

駐車場の看板

岩屋寺は駐車場から境内までの距離が長く、車遍路にとって苦労することで有名です。

参拝道のお土産通り

参道の麓には、群馬県の吹割の滝の彼らほど自己主張をしない観光客向けのお土産屋が軒を連ねています。

後編で書くことになりますが、自分もここで遍路旅にて重要なある買い物をしてきました。

山門~参道|美しい景観を眺めながら進む

岩屋寺山門

お土産通りを過ぎた先にいい具合に色褪せ古びた山門がドッシリと構え、参拝者を受け入れます。

岩屋寺、参道序盤

岩屋寺参道

山門をくぐるといよいよ山道へと至ります。

が、それは10番札所切幡寺に立ちふさがるあの悪魔じみた333段の石段ほど厳しいものではなく、ペースさえ守れば周りの景色を楽しめるくらいの道なりでした。

岩屋寺の地蔵群

緑と地蔵群、そして天高くそそり立つ絶壁が織りなす光景はどことなく山形県にある立石寺(山寺)や千葉県鋸山の参道を僕に連想させます。

所々に配置された建造物が、僕の好奇心をこしょこしょとくすぐり、まるで子どもが昼休みを全力で遊び尽くした時のように時間と疲労をすっかりと忘れさせてくれました。

スポンサードサイト

穴禅定(お水供養所)|真っ暗な洞穴の奥に・・・

穴禅定

本堂の真下にある20m位の洞窟。

かなえる不動・地蔵尊(先祖供養)・弘法大師の石像が最奥に祀られていています。

一応、洞窟内には照明や手すりがありますが、それでも内部は薄暗く足元も濡れていて歩きにくくなっていますので、参拝時には要注意です。

本堂

岩屋寺本堂

1927年(昭和2年)に再建。

かつては44番札所大寶寺の奥の院とされていましたが、1874年(明治7年)に第一世の住職が晋山しました。

秋には紅葉、冬には雪景色の美しい本堂を見る事ができます。

写真右手に見える梯子と岸壁にくり抜かれた窪みは後述する「法華仙人洞」です。

大師堂|本堂よりも大きい国の重要文化財

岩屋寺、大師堂

大正9年(1920年)に建立された岩屋寺の大師堂は、四国88ヶ所の中でも唯一本堂よりも大きいのが特徴です。

また、洋風のデザイン要素をあちらこちらにちりばめた近代仏堂の代表作として、2007年(平成19年)に国の重要文化財に指定されました。

惜しくは僕が参拝時は工事中だったことですかね。

法華仙人洞|5mの梯子を登り岩窟へ

法華仙人洞

本堂横には、縁起に出てくる空飛ぶ法華仙人が修行した岩窟があり、高さ約5メートルの木製はしごが掛けられています。

法華仙人洞内部

はしごを登った先には、写真左下に写る木製の祠らしきものが置かれていました。

岩窟内からは切立った崖に沿って建てられた建築物、そして国の名勝にも選ばれた幽玄な雰囲気を醸し出す広い境内を見渡すことが出来ます。

仙人窟のさらに上の岩窟には、いつの頃からか飛来の仏と呼ばれる阿弥陀如来立像が中に安置されています。

この像のビューポイントは、大師堂の屋根越し、奥の院に通じる山門付近、そして鐘楼堂の付近なので、参拝の際にはぜひ見落とさないようにしましょう。

梯子の先

ちなみにこの岩窟へ昇るためのはしご、神の奇跡を思わせるなんとも絶妙なバランスで支えられていました。

この衝撃の事実に気がついてしまった後、僕はまるで生まれたての仔馬のように足をブルブルと震わせながら一歩一歩段差を踏みしめながら降りていきましたとさ(めでたし×2)

前後の札所

 

44 大寶寺 -- (8.4km)-- 45 岩屋寺【前編・後編 -- (29.5km)- 46 浄瑠璃寺

 

後編へ続く!

ゲームダンジョンを思わせる逼割行場奥の院・白山権現については、後編で説明させていただきます↓

45番札所 岩屋寺【後編】まるでゲーム?逼割行場と奥の院白山権現

せりわり行場の景色

ではでは、また会いましょう!

by.ひだりゅー

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

                          

-愛媛県(伊予)
-, , ,