*

高知県(土佐)

36番札所 青龍寺|遠投2260km!?朝青龍の由来となったお寺

2017/04/10

どうも、ひだりゅーです。

この場を借りて、私は弘法大師空海・宇宙出身のスーパーマン説を推したいと思います。

えっ?なんでそんな突飛な話が飛び出してくるのか?

それは青龍寺(しょうりゅうじ)の紹介の中で説明していきたいかと思います・・・

(参拝した日:2015年10月11日)

スポンサードサイト

青龍寺の歴史・概要|遠投2260kmの超ド級強肩

弘法大師は遣唐使として、長安の青龍寺で恵果和尚より真言密教の奥義を伝授されました。

帰国の際、大師はその恩に報いるため日本に向かって独鈷杵を投げ、その落ちた場所に寺院を建立しようと考えました。

そう・・・。その独鈷が落ちていた場所が青龍寺なのであります。(厳密には奥の院に落下したとされています。)

長安は現在の中国・西安市。ここでは青龍寺がある土佐市と西安市の距離を地図蔵さんの距離測定ツールで見てみましょう↓

長安と土佐の距離

 

 

 

 

土佐と長安の距離

そう、弘法大師は長安から土佐までの2262kmを遠投で独鈷杵を放り投げた超ド級の強肩保持者なのであります。

これは、やり投げ世界記録である98m48(ヤン・ゼレズニー)の約22968倍の飛距離。

もはや人間・・・否ッ!!生物であることを辞めています。

この伝説をもってして、私は「弘法大師=クリプトン星出身のスーパーマン説」を推していきます(力説)

なお、同様の伝説が以下の札所にも存在しているのも印象的ですね。

38番札所 金剛福寺|歩きで30時間!?四国遍路の札所間最長距離

42番札所 仏木寺|ペットや家畜供養の寺院。日本一古い大師像も

 境内及び周辺の施設

宇佐大橋

宇佐大橋

昭和48年(1973年)に架設された645mの橋。

この宇佐大橋ができるまで、およそ1200年の間、福島から井尻まで「竜の渡し」という渡し船が出ていました。

弘法大師も青龍寺を創建するさいに、この湾を船で渡っていたそうで、その時お供をした8人が渡し船を代々引き継いできたそうな。

山門

山門

青龍寺は「麓段・中段・上段」の3段に分かれていまして、この山門は中段の石段途中にドッシリと構えています。

山門横の滝

山門近くには「修行しろ」と言わんばかりの滝が・・・

入るかどうか悩みましたが、夕暮れ前で寒かった&実物の勢いがヤバくて痛そうだったので、今回は完全スルー。

朝青竜を横綱に鍛え上げた170段の石段

170段の石段

青龍寺の本堂、及び大師堂の前には参拝者を試す170段の石段が立ちはだかっています。

傾斜が急すぎて、下から見上げるともはや崖にしか見えませんw

↓上から石段を見下ろした写真。その傾斜の凄さがわかって頂けるかと思います。

上から石段を見下ろす

モンゴル人初の横綱で、かつ平成の大横綱としても知られる朝青龍は、高校生の頃に青龍寺近くの明徳義塾高校に相撲留学していました。

在学当時、彼はこの急な石段を登って体を鍛えており、四股名「朝青龍」はこの「青龍寺」からとったとのものだそうです。

自らの名前に加えたことから考えても、朝青竜にとってこのお寺はとても馴染み深いものだったことが伺えますね。

本堂|石段を登りきったご褒美

青龍寺本堂

170段の石段を登りきると青龍寺の本堂と大師堂がドンッ!と構えていました。

本堂内には、鎌倉時代に造られた国の重要文化財、111.9cmの木像「愛染明王坐」が鎮座しています。

不動明王像と一対に祀られ、苦しみのすべてを救いとってくれるんですって。

毎月旧暦28日に本堂と大師堂が開扉され愛染明王像が拝観可能に。

大師堂

青龍寺大師堂

170段の石段を登った先、進行方向からみて本堂右側には大師堂が建てられています。

大師像を拝顔出来ます。

護摩堂

護摩堂

青龍寺・麓段に位置する鮮やかな朱塗りの二重塔が護摩堂であります。

以下、護摩についての解説↓

密教の秘法。不動明王などを安置し、護摩壇で護摩木をもやしながら祈禱(きとう)する。

自分も高尾山で一度体験してきたのですが、あの幻想的なライブ感はマジでたまらないですので、未体験の方はぜひ参加してみてください!

三重塔

青龍寺三重塔

石段途中左奥に建てられています。

比較的新しい建物らしく塗装が綺麗だった印象。

写真右下の石碑には

「大海に あまねき護り 独鈷山 峰にそびゆる宝塔の尊し」

と刻まれているので、この塔は宝物庫の役割を果たしていると思われます。

青龍寺へのアクセス

〒781-1165
高知県土佐市宇佐町竜163

その他情報

寺名 独鈷山 伊舎那院 青龍寺
宗派 真言宗豊山派
本尊 波切不動明王
創建 弘仁6年(815)
開祖 弘法大師
真言 のうまくさんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん
ご詠歌 わずかなる 泉に棲める 青龍は 仏法守護の 誓ひとぞきく
駐車場 普通20台・無料
近くに約30台収容の有料駐車場がある
宿坊 なし
電話 088-856-3010

前後の札所

 

35 清瀧寺 -- (13.9km)-- 36 青龍寺 --(58.5km:横浪スカイライン経由)-- 37 岩本寺

 

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

                          

-高知県(土佐)
-, , ,