*

高知県(土佐)

35番札所 清瀧寺|一寸先は闇?厄除け薬師如来立像の内部を巡ろう

2017/03/30

どうも、ひだりゅーです。

標高130mから見下ろす田園風景が素敵な清瀧寺(きよたきじ)。

当寺のシンボルでもある15mの厄除け薬師如来立像は、真っ暗な内部を巡ることも出来ます。

その他、境内にはあの「藪知らず」みたく立ち入りが禁止された場所も・・・?

(参拝した日:2015年10月11日)

スポンサードサイト

清瀧寺の歴史・概要

養老7年(723年)、行基が行脚していたところ、この地で霊気を感得して薬師如来を刻み、これを本尊として堂舎を建て、「影山密院・繹木寺」と名づけて開山したのが初めと伝えられています。

弘法大師が訪ねたのは弘仁年間(810〜824年)のころ。

岩上に壇を築き、五穀豊穣を祈願して一七日(7日間)の修法を行い、満願の日に金剛杖で壇を突くと、岩上から清水が湧き出て鏡のような池になりました。

そこで山号や院号、寺名を現在の醫王山鏡池院清瀧寺に改めました。

ミツマタの花

ミツマタの花<出典:Wikipedia

この池の水は、麓の田畑を潤すことはもとより、特産品の「土佐和紙」の原料である「みつまた」を晒したり、紙を漉く際に利用されてきたそうです。

土佐和紙は日本三大和紙の一つにも数えられ、江戸時代には幕府献上品に選ばれ、明治時代には生産量日本一を誇っていました。

洋紙が主流になった現在ではその用途の多くを失いましたが、代わりにデザイン性を追求した和紙の制作を若手デザイナーを中心に行っているそうです。

気になる方は→伝える和紙|土佐和紙プロダクツへどうぞ~

スポンサードサイト

境内の施設

山門|八方にらみの龍

山門の天井には、明治33年(1900年)の久保南窓の筆による八方にらみの龍が描かれています。

なお、見落としてしまい肝心の写真はありませんorz

サーセン\(^o^)/

本堂

本堂

本尊である像高154cmの薬師如来立像は国重要文化財に選ばれています。

また、本堂の右奥側に清水が湧き出る「滝」があります(流石、清寺!)

なお、私は完全スルーしてしまった模様orz

大師堂

大師堂

本堂と仲良く並ぶのが大師堂。

「大師堂」の石段を下りたところ休憩所兼通夜堂が建てられています。

厄除け薬師如来立像|一寸先は闇

厄除け薬師如来立像

清瀧寺は古来より厄除け祈願の名刹として知られていました。

それを象徴する高さ15mの厄除け薬師如来立像は、昭和8年(1933年)、製紙業者によって安置されました。

この像の最大の特徴は、なんと言っても台座の中で88段の戒壇巡りが出来ることに尽きます!

では、実際に入ってみましょう!

台座の中

 

くっ、暗ッ!?

 

日本一周中に行った長野市の「善通寺」や、この後に行く75番札所善通寺の「御影堂」を思わせる真っ暗さです。

こ、怖いwww

歩くたびに足が震えていきやがるwww

ビビりながらも、暗がりの中を手先の感覚だけで進んでいくと・・・

堂内の祠

小さな祭壇がありました。

久々の灯りにとりあえず一安心したので、私はお賽銭を入れてその場を後にしました。

なお、88段の戒壇は結構幅が狭い上、台座内部は真っ暗なので歩行には気をつけましょう。

お兄さんとの約束だYO(ニッコリ)

高岳親王逆修塔|入らずの山

平城天皇の第三皇子「高岳親王」は、大同5年(810年)の薬子の変に伴い皇太子を廃されてしまいます。

その後、夢のお告げで出家。

真如と名前を変え、弘法大師の十大弟子の1人となりました。

その後、真如は遣唐使として留学するも仏教が衰退しつつあった長安では満足できず、仏教誕生の地「インド」を目指しましたが、志半ばマレーシアでその一生を終えることとなります。

 

 

清瀧寺の逆修の五輪塔が完成した時期については、以下の二説が有力であります。

1)貞観3年(861年)真如が清瀧寺を訪ねた際に、息災増益を祈願して逆修の五輪塔(生前墓)を建てたという説。

2)南北朝時代の頃(1336年~1392年)にその遺徳を慕って人々が建てたという説。

ちなみに塔の形の特徴などから、現在では「2」の南北朝時代に出来た説が有力とされています。

 

 

逆修塔は入らずの山と云われ、入山禁止であります。

地元では「いらず」といって敬畏の念を持ち、子供らも入ってはいけないと教えられているんですって。

おまけ

清瀧寺境内からの景色

清瀧寺境内からの景色

清瀧寺は醫王山(いおうざん)の中腹、標高約130mに位置しており、そこからは麓の田園風景や土佐市の市街、山やその向こうに広がる太平洋を望むことが出来ます。

境内のアイドルにゃんこ

清瀧寺の猫

清瀧寺参拝中にみつけたにゃんこ↑

首輪がついている所を見ると寺で飼われているのでしょうか?

清瀧寺の猫

恥ずかしがり屋なのか写真を撮ろうにも中々カメラの方を向いてくれませんw

でも、人懐っこくて大人しいにゃんこでした。

またこの子と会いたいなぁ~

清瀧寺へのアクセス

〒781-1104
高知県土佐市高岡町丁568-1

その他情報

寺名 醫王山 鏡池院 清滝寺
宗派 真言宗豊山派
本尊 厄除薬師如来
創建 養老7年(723)
開祖 行基
真言 おん ころころ せんだりまとうぎ そわか
ご詠歌 澄む水を 汲むは心の清滝寺 波の花散る 岩の羽衣
駐車場 なし(普通20台境内への乗り入れ可)
(マイクロバス、大型車は山道のため通行不可)
宿坊 なし
電話 088-852-0316

前後の札所

 

34 種間寺 -- (6.3km)-- 35 清瀧寺 -- (9.8km)-- 36 青龍寺

 

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

                          

-高知県(土佐)
-, , ,