*

高知県(土佐)

32番札所 禅師峰寺|通称・峰寺。奇岩が立ち並ぶ海上安全の霊場。

2017/03/21

どうも、ひだりゅーです!

標高82mほどの峰山の頂上にあることから、禅師峰寺は地元では「みねんじ」や「みねじ」と呼ばれ、親しまれています。

人によっては禅師峰寺という名称が通じない場合もあり、道路標識も峰寺と表示されていることが多いのでお遍路さんは迷わないように要注意です!

ちなみに寺名の読み方は「ぜんじぶじ」

名前に「みね」が入ってねぇじゃねえかよ・・・

そもそも読めねぇし・・・

(参拝した日:2015年10月11日)

スポンサードサイト

 禅師峰寺の歴史・概要

寺伝によれば、聖武天皇(在位724〜49)から勅命を受けた行基が、土佐沖を航行する船舶の安全を祈願して、堂宇を建てたのが起源とされています。

大同2年(807年)、弘法大師は奇岩霊石が立ち並ぶ境内を訪れ、霊地と感得したので虚空蔵求聞持法(→参考:御厨人窟)の護摩を修法、十一面観世音菩薩を刻んで本尊として祀り、現在の寺名を定めました。

土佐藩主山内一豊以来、歴代藩主の信仰を受けており、参勤交代で浦戸湾を出航する際には航海の無事を祈願していました。

また武士らだけではなく、庶民である海の男たちからも「船魂の観音」とも呼ばれ信仰されています。

境内の施設

十一面観世音菩薩像|車遍路を迎える

十一面観世音菩薩

駐車場には、禅師峰寺の本尊「十一面観世音菩薩」の石像が車遍路の方をお出迎えしていました。

27番札所 神峯寺」内にて、本尊の項目でも説明しましたが、この十一面観世音菩薩は、

・10種類の現世での利益(十種勝利)

・4種類の来世での果報(四種功徳)

をもたらすと言われているそうです。

どうでもいいけれども、11の顔の持ち主はどんな風に世界が見えるのだろうか・・・?

不動明王像|奇岩を背景に

不動明王像

山門脇には、いかつい表情をした不動明王像が立っていました。

像の後ろにそびえ立つ奇岩がまるで炎の様に見え、不動明王の迫力をより増すのに一役買っています。

山門

禅師峰寺・山門

国の重要文化財の金剛力士像(鎌倉時代)は収蔵庫に移されています。

本堂

本堂

写真右手の建物が本堂になります。

芭蕉の句碑「木がらしに岩吹き尖る杉間かな」は、本堂前の奇岩の間にあります。

大師堂

大師堂

本堂と仲良く並ぶ大師堂。

大師像を拝観することが出来ます。

奇岩と絶景

奇岩

弘法大師は、奇岩霊石が立ち並ぶこの境内を観音の浄土、仏道の理想の山とされる天竺・補陀落山さながらの霊域を感得したそうです。

言われてみれば、確かに14番札所 常楽寺を思わせる独特の雰囲気がありましたねぇ~

境内からの景色

境内からは坂本龍馬像で有名な桂浜がある「浦戸」や広大な「土佐湾」を一望できます。

今から1000年以上も昔、行基がここに海上安全を祈願して堂宇を建立したのもこの景色を見れば納得しました。

というわけで、今日も禅師峰寺は峰の上から海に出る人々を見守っているのであります。

スポンサードサイト

おまけ

お遍路たぬき

遍路狸

禅師峰寺には、お遍路に扮した信楽焼(しがらきやき)の狸像が、いつもの薄気味悪い笑みを浮かべながらお布施を待っていました。

余談ですが、この狸像が店の軒先で多く見られるのは、「他を抜く」に通じることから商売繁盛と洒落てのことだそうです。

また、信楽焼の産地はあの「バジリスク~甲賀忍法帖~」でお馴染みの滋賀県甲賀市だったりしますw

子猫ちゃん「叫べばロック!」

カゴ

納経所前にあったこの一見普通のザルですが・・・

叫べばロック

小声なら愚痴。

叫べばロック。

なる文句が可愛らしい子猫ちゃんの写真とともに貼られていました。

言っていることは名言なのですが、あんまりお寺っぽくないなwww

だからこそ、余計に印象に残ったわけでありますがw

禅師峰寺へのアクセス

〒783-0085
高知県南国市十市3084

その他情報

寺名 八葉山 求聞持院 禅師峰寺
宗派 真言宗豊山派
本尊 十一面観世音菩薩
創建 大同2年(807)
開祖 行基
真言 おん まか きゃろにきゃ そわか
ご詠歌 静かなる 我がみなもとの 禅師峰寺 浮かぶ心は 法の早船
駐車場 普通30台・マイクロバス10台・大型5台
午前7時〜午後5時・無料
宿坊 なし
電話 088-865-8430

前後の札所

 

31 竹林寺 -- (5.7km)-- 32 禅師峰寺 --(7.5km:渡船経由)-- 33 雪蹊寺

 

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

                          

-高知県(土佐)
-, ,