*

徳島県(阿波)

15番札所 國分寺(徳島市・阿波国分寺)|国の史跡に選ばれた庭園は必見!

2017/10/01

 

ひだりゅーアイコン

どうも、ひだりゅーです。

四国霊場には四県に国分寺があり、それぞれが札所に指定されています。

 

国の史跡に選ばれた庭園を持つ15番札所 国分寺(阿波国分寺)

「土佐日記」の紀貫之が滞在した29番札所 国分寺(土佐国分寺)

修行大師像と握手出来る59番札所 国分寺(伊予国分寺)

80番札所 国分寺(讃岐国分寺)

 

今回紹介する「阿波国分寺」は、庭園が必見ですぞ!

スポンサードサイト

国分寺の歴史

天平13年(741年)、聖武天皇が発した国分寺建立の詔により諸国に建てられた国分寺の一つ。

開基は行基で、自ら薬師如来を彫造し本尊としている。

また、聖武天皇からは釈迦如来像と大般若経、光明皇后の位牌厨子が納められたと伝わっている。

創建当初は法相宗に属したが、弘法大師が弘仁年間(810〜24)に四国霊場の開創のため巡教した際に、宗派を真言宗に改めた。

天正年間(1573~1592年)長宗我部元親率いる軍の兵火によって焼失。

長らく荒廃していたが、寛保元年(1741年)に阿波藩郡奉行、速水角五郎と吼山養師和尚が復興・再建したことから宗派も現在の曹洞宗となった。

境内の施設

山門

国分寺山門

境内

国分寺境内・本堂側

境内・大師堂側

なんというか開放的でサッパリした造りになっている。

岩のベンチ

デカイ岩のベンチ。

本堂

真言:おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

国分寺本堂

重層の入母屋造りで、文化、文政年間(1804〜30)に再建された。

聖武天皇、光明皇后の位牌が祀られている。

本堂内

本堂内の様子。

大山のぶ代の札

堂内を見ると、ドラえもんでお馴染みの大山のぶ代さんの御札が!?

ドラえもんもお遍路をしたと考えると感慨深い・・・

大師堂

国分寺大師堂

国分寺大師堂。

かなり新しい。

庭園

国分寺庭園入口

こちらが庭園の入口。

庭園の注意事項

庭園を拝観するためには納経所で300円支払う必要がある。

間違ってそのまま入場しないように気をつけましょう。

正直、境内のショボさから、庭園に関してはあんまり期待していませんでした。

・・・が。

国分寺庭園正面図

 

「なんじゃこれは!?」

 

庭園を斜めから

枯れた池とゴツゴツした岩。

そして、後ろにそびえ立つ本堂が力強く、かつ虚無的な美しさを醸し出しています。

庭園その3

この庭園は地元で採れる「青石」を使っている。

巨石の豪快な使い方など、桃山時代の影響を強く受けた造りとなっている。

庭園・反対側から

学術的にも価値が高いので、「国の史跡」にも選ばれている。

洞窟石組

洞窟石組と枯流れ。

巨大石組

庭園の特徴のひとつ、巨大石組。

石組と本堂

庭園に沿って本堂の裏手に行った先で撮影。

これらの景観を300円で楽しめるので、15番札所国分寺に参拝した際には、ぜひ庭も拝観してみて欲しい。

国分寺へのアクセス

〒779-3126
徳島県徳島市国府町矢野718-1

第15番札所 國分寺

藍住インターチェンジから県道1号線を徳島市内へ行き、国道192号線と合流すると石井町方面へと走っていると看板があるので、それに沿って県道123号線へ。

その他情報

宗派 曹洞宗
本尊 薬師如来
創建 天平13年(741年)
真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
ご詠歌 薄く濃く わけわけ色を 染めぬれば 流転生死の 秋のもみじば
駐車場 普通10台・マイクロバス1台(特例)
大型車は入車不可で駐車禁止
午前7時〜午後5時・無料
宿坊 なし

前後の札所

 

14 常楽寺 -- (0.8km)-- 15 国分寺 -- (1.8km)-- 16 観音寺

 

 

by.元自衛官@ひだりゅー

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

                          

-徳島県(阿波)
-, , ,