*

徳島県(阿波)

1番札所 霊山寺(徳島県)|お遍路始まりの霊場。品揃えの多い売店もあるぞ。

2017/10/01

 

ひだりゅーアイコン

どうも、ひだりゅーです。

お遍路と大師って何?

上の記事でも書いたように、お遍路はどの寺から始めても構いません。

が、人の性なのでしょうか?

ここ第一番札所「霊仙寺」を巡礼の開始地点にする人が多いです。

かくいう私もその一人であったりする。

(参拝日時:2015年10月3日)

スポンサードサイト

霊山寺の概要

この霊山寺は、高野山真言宗の寺院である。本尊は釈迦如来。

寺伝によれば奈良時代、聖武天皇の勅願により、行基菩薩が開創したそうだ。

行基行基菩薩坐像(出典:Wikipedia)

弘仁6年(815年)に弘法大師がここを訪れ、心身の救済ができる霊場を開こうと37日間の修法をされた。

その際、大師は仏法を説く一老師をたくさんの僧侶が取り囲み、熱心に耳を傾けている姿を見かけた。

その光景が天竺(インド)の霊鷲山で釈迦が説法をしていた情景と似ていると感じとり、インドの霊山を和国(日本)に移す意味から「竺和山・霊山寺」と名づけた。

なぜ、ここが一番札所なのか?

さて、ここが一番札所に指定されたのは江戸時代になってからのことである。

江戸前半、四国遍路の父と呼ばれ、四国邊路道指南を出版した高知出身の僧侶、真念が現れた。

この真念がはじめて八十八箇所を特定し札所番号を定めた。

当時彼は大坂で活躍しており、そこから四国へ渡るには淡路島を経由し鳴門から四国入りするのが一般的であった。

そのため、鳴門の撫養(むや)の港に最も近い霊山寺を第一番札所と定めたそうだ。

スポンサードサイト

境内の施設

山門

霊山寺山門

霊山寺の山門。

100年前に焼失した後に再建されたとのことなので、まだ比較的新しい。

結構、大きくて堂々としている。

山門下のマネキン

山門の下には、可愛らしく白衣を着込んだお姉さんが巡礼者達を招き入れていた。

マネキンだけに(笑)

本堂

真言: のうまく さんまんだ ぼだなん ばく

霊山寺・本堂

本堂外側。

霊山寺本堂正面

本堂入口から撮影。

手前に写るのは賽銭箱。

霊山寺本堂の燈籠群

本堂内部にはたくさんの灯籠が吊るされており、その壮大さは必見に値する。

霊山寺本堂奥の仏舎利

さらに奥に進むと、なんと仏舎利(釈迦の遺灰)が安置してあった。

ちなみに私は仏舎利を見るのがこれが初めての体験である。

入場料は無いので、来たら是非拝観しておくことをおすすめしたい。

霊山寺本堂の賽銭箱

賽銭箱に貼り付けられた捜索願

再び賽銭箱前へ。

なんと箱に行方不明者の捜索願が多数貼り付けてあった。

旅も後半になればこの紙も見慣れたものと化すが、この最序盤ではその生々しさゆえにかなりのショックを受けた。

正直、ビビって東京に帰ろうかと思いましたわ(笑)

大師堂

霊山寺の大師堂。

霊山寺の大師堂。

屋根の頂が金ピカである。

遍路用品の売店

霊山寺・遍路用品売店外観

本堂内と寺の駐車場横にはそれぞれ遍路用品の売店が存在する。

店前ではまたもマネキンが立っていた。

霊山寺・遍路マネキン

「私、こんなに白衣着こなしちゃってるのよ~」

と、言わんばかりのこのドヤ顔。

ポーズがパリコレモデルっぽいところが、余計鼻につく。

ここの商品は他所に比べると若干割高となっている点に注意。

ゲームの世界では、最初のショップは品物が安いのが基本なのだが、どうやら現実は違うらしい。

もし値段が気になるなら、他の寺にある売店で装備を揃えるのも有りだろう。

多重の塔と明治の庭

明治の庭と多重の塔

明治の庭。お遍路をはじめる発願の寺を象徴している。

写真中央奥に見えるのは「多宝塔」。

600年近い歴史を持ち、塔内には五智如来像が祀られている。

霊山寺・泉水池

霊山寺・泉水池を泳ぐ鯉

庭内にある「泉水池」。

新潟産の高級ニシキゴイが心地よさそうにゆらゆらと泳いでいた。

「俺よりいい物食べてるな、コイツら・・・」

大人になってから、鯉に嫉妬心を抱くことになるとは夢にも思わなかった。

おまけ

霊山寺・パンダ

庭には鯉だけではなく、なんとパンダが生息していました。

こんな可愛い生き物見れば、当然・・・

霊山寺・パンダに乗る俺

乗るしかないでしょ!!!

パンダを満喫した私は次なる目的地「極楽寺」へ向かいました・・・

霊山寺へのアクセス

〒779-0230
徳島県鳴門市大麻町板東塚鼻126

藍住インターチェンジから、県道1号線を板野町方面へ進み、次に県道12号線を鳴門市方面へ走ると左手にあります。

その他情報

宗派:高野真言宗

本尊:釈迦如来

真言:のうまく さんまんだ ぼだなん ばく

ご詠歌:霊山の 釈迦の御前に めぐりきて よろずの罪も 消えうせにけり

駐車場:普通100台・バス10〜20台・無料

宿坊:無し

前後の札所

 

88 大窪寺 --(38.8km:大坂峠経由)-- 1 霊山寺 -- (1.4km)-- 2 極楽寺

 

by.ひだりゅー

スポンサードサイト

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

                          

-徳島県(阿波)
-, , ,