和歌山県

青岸渡寺・熊野那智大社|467段の階段を登った先は、天空の聖域!?

投稿日:2018年5月15日 更新日:

青岸渡寺 三重塔

どうも、日本一周ライダーのひだりゅー(@dakahi3776)です。

今回紹介するのは、三重塔と那智の滝の写真で有名な青岸渡寺(せいがんとじ)熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)の二つとなります。

この二つの建物、お寺(仏教)と神社(神道)とそれぞれ違う宗教施設なのですが、なぜか隣接している不思議な場所でもあります。

また、その歴史的価値から「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として、世界遺産にも登録された由緒正しき場所です。

【関連記事↓】

那智の滝(飛瀧神社)|世界的クライマーが逮捕?落差日本一の世界遺産

【那智勝浦町のホテルを探すなら↓】

スポンサードサイト




参拝前にまずは駐車場探しから

那智の滝を観光した後、僕はその足で青岸渡寺と熊野那智大社へ向かいました。

が、バイクでそのまま境内に上がるには通行料800円の防災道路を通らなければならない。

流石に高すぎやんと思い、キョロキョロしながら駐車場を探していると

「アイスクリーム買ったら、駐車場タダにするよ~」

と、おばさんの明るい声が耳に飛び込んできました。

季節は4月。

天気もよく、ちょうど喉も乾いていたのでおばさんの天声に従うことにしました。

記憶が曖昧ですが、駐車場代とアイスクリーム代はさほど変わらなかった覚えがあります。

もう、おばさんったら商売上手!

那智の滝と三重塔で有名な青岸渡寺へ

土産物屋を抜け、参道の長い石段を登ると大きな山門がありました。

それをくぐると、右に青岸渡寺、左は熊野那智大社となります。

それぞれ異なる宗教施設であるお寺と神社が隣接しているのは、神道と仏教が合体した神仏習合の影響です。

「12月25日にクリスマスを祝い、大晦日に除夜の鐘を聞き、翌日には神社に初詣に行く」

現代日本人の何でもござれな宗教観は、かれこれ1000年以上から続くものなんだと、改めて驚かされます。

まずは右手の「青岸渡寺」から参拝開始。

青岸渡寺 本殿

伝承では、大仙陵古墳で有名な仁徳天皇の時代(4世紀の頃)、インドから那智に渡来した裸形上人が、那智滝の滝壺で如意輪観世音像を見つけ、本尊として安置したのが開基とされています。

これが事実ならば、青岸渡寺が出来たのは仏教伝来より200年以上早いことになります。ヤバい、超ヤバい。

如意輪観世音を祀る本堂は、天正18年(1590年)に豊臣秀吉が再建したもので、桃山時代の特徴を色濃く残しています。

三重の塔

続いては、トップ画にも使用した「三重塔」へ。

滝とセットの写真が有名ですが、三重塔内部を拝観することも出来ます(300円)

僕の撮影したトップ画像はかなりショボいですが、ガチで写真が上手い人が撮るとトンデモない絶景に変貌します↓

http://massa0216.blog.fc2.com/blog-entry-505.html

うぅ・・・スゲェ・・・ぜひとも弟子入りしたいっす!

スポンサードサイト

熊野三山の一角・熊野那智大社へ

青岸渡寺の参拝の後は、熊野那智大社へ!

二ノ鳥居

熊野那智大社

熊野那智大社は、那智山青岸渡寺とともに熊野信仰の中心地として栄華を極め、熊野速玉大社・熊野本宮大社とともに熊野三山の一つに数えられています。

社殿は仁徳天皇の御世(317年)に現在の位置に創建され、平重盛が造営奉行となってから装いを改め、豊臣秀吉が再興しました。

↑熊野那智大社拝殿周辺からの景観。

社殿の標高は約330mあり、麓を見下ろすとまるで宙に浮かぶ天空の聖域にいるような錯覚を覚えます。

お土産屋通りと有り難いお言葉

お土産屋通り

熊野那智大社の参拝を終え、お土産屋通りを歩いているとちょっぴりユニークな看板を発見しましたので、ここに紹介したいかと思います↓

熊野那智大社 入山心得

以下画像が見れない人用↓

入山心得

●持って来たもんはぜんぶ持って帰ってよ。

●残していってええのは足あとだけやで。

●持って帰ってかまんのは土産と思い出だけやで。

旅行に必要なマナーがぎゅ~とこの3つに込められている気がします。

さすが聖域、有り難い看板ですね。

スポンサードサイト

青岸渡寺・熊野那智大社へのアクセス・営業時間

【アクセス】

・バス

紀伊勝浦駅から熊野交通路線バス「那智山行き」で約30分。終点バス停下車、徒歩15分(石段が続く)

・車

那智山の県道から、通行料800円の防災道路を通れば、神社・お寺のすぐ隣まで行けます。

【営業時間】

・青岸渡寺

参拝可能時間  5:00~16:00(参拝無料)

三重の塔 8:30~16:00 (300円)

・熊野那智大社

参拝可能時間 6:00~16:30(参拝無料)

宝物殿 8:00~16:00(大人300円・小・中200円)

個人的満足度

 

★★★★★

(Sランク・全国屈指の観光地)

 

非日常感 ★★★☆☆
景観 ★★★★★
歴史的価値 ★★★★★

タイトルにも書いたように「天空の聖域」と形容するに相応しい場所でした。

あのかつては豊臣秀吉もこの寺院を愛したのだとか。

皆さんも紀伊半島観光や熊野古道を巡る旅をする際はぜひ訪れてみて下さい!

by.ひだりゅー

 

【那智勝浦町のホテルを探すなら↓】

 

↓コメントやシェアして頂けると励みになります!

-和歌山県
-, , , , ,

Copyright© トラベルライダー ~日本一周達成した元自衛官の全国観光案内サイト~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.